パワーストーンの効果は、身に着ける場所によって強まることがあります。
これは、身体のツボや気の流れが刺激して共鳴するからですパワーストーン.ピアスやイヤリングとして身につけると、精神力や直感力、冷静な判断力を高めると言われています。

ネックレスとして身につけると、心に安らぎをもたらすと言われています。
ネックレスの長さにもよりますが、首に巻いたり、ハートに近づけたりします。

首にかけると、表現力を高め、人間関係を良好にすると言われています。
また、ハートに近いものであれば、願いを叶える力が強くなると言われています。

ブレスレットとして身につけると、パワーストーンのエネルギーを吸収し、負のエネルギーを放出する力を高めると言われています。
これは、手首や手のひらに「気」の入り口があると考えられているからです。

指輪として身につけると、魔除け効果が高まると言われています。
また、パワーストーンはそれぞれ対応するチャクラの位置が異なりますので、その石に合った場所に身に着けるとパワーアップを感じられるかもしれません。

例えば、ヒーリング効果があり、喉への効果が高い石であれば、ネックレスを短めにして、パワーストーンを喉元に持っていると、より効果を感じることができるかもしれません。

身に着けるだけでなく、安眠効果のあるパワーストーンであれば枕の下に置いたり、仕事の効率を上げたいのであればデスクの上に置いたりと、何を得たいのかによっていろいろ試してみるのもいいかもしれません。